キャッシング即日、審査に通りやすい職業とは

キャッシング即日、審査に通りやすい職業とは

職業によっては審査に通りやすいものとそうでないものがあります。 キャッシング業者が積極的に融資を行っているのは、安定した収入のある方。 そのため、安定した職業に就いている方は審査に通りやすいといえるでしょう。

例えば、公務員ですね。公務員として働いている方は審査において非常に有利になります。 他にも誰もが名前を知っているような大手企業で働いていたり、勤続年数の長い方は職業に関わらず審査に通りやすいといえるでしょう。

それから、外資系企業や銀行員、医師、一部上場企業に勤めている方なども審査が有利です。 これらの職業は安定感があるだけでなく、高収入も期待できる職業ですよね。 そのため、消費者金融も積極的に融資を行っています。

では、審査に不利になる職業といえば何なのでしょうか。 これは、仕事が安定せず、不安定になりがちな職業です。 例えば、フリーターや派遣社員、自営業の方は審査に通らない可能性についても考えておく必要があります。

ただ、このような勤務形態であっても勤続年数が長い方は評価が高くなるので、できるだけ一つの職場に長くとどまるようにしましょう。 自営業の方も長く営業を続けている方ならば評価が高くなっていきますが、大企業に勤めるのに比べて廃業の可能性も高いため、総合的な評価はそれほど高くありません。

しかし、審査で不利になるからといって転職するのは難しいですよね。 そういった場合は安定した収入を目指しましょう。 フリーターや派遣社員として働いている方も、仕事量を調整するなどして毎月安定した収入が得られるように工夫をしてみてはどうでしょうか。

自営業の方は難しいかもしれませんが、収入に偏りが出てしまうと仕事が安定していないと判断され、審査に落ちてしまうことがあります。 それから、審査には安定した収入や職業のほか、居住年数の長さや固定電話の有無なども関わってくるので、そういったポイントも評価を高めていくと良いでしょう。

在籍確認に偽装会社を使う危険性

キャッシングの審査で必ず行われるのか在籍確認と呼ばれるものです。 これは、申し込みの際に申告した勤務先に本当に勤めているのかを確認するための作業となります。

ですが、勤務先の情報を登録したくないという方もいるでしょう。 例えば、在籍確認が理由で職場の人に借金をしていることがバレるのではないかと心配していたり、無職で申請できる勤務先がないという方もいるはず。

そういったときに偽装会社を使ってしまう方もいるようです。 偽装会社とは、本当はその会社に勤めていない人をいかにも在籍しているかのように偽装する会社のこと。

人に言いたくない職場に勤めている方などが利用しています。 例えば、水商売に関する仕事をしている方などですね。

キャッシングの審査以外にも様々な方が利用しているようですが、利用者は利用料金を支払ってサービスを受ける形になります。給料明細や源泉徴収票なども発行してもらえるため、職場を偽ってキャッシングの登録をしたいという方からすれば、とても便利なサービスに思えるでしょう。

郵便物の転送や電話対応なども行ってくれるので、本当の勤務先を登録したくない人からすると魅力的なサービスですよね。ですが、こういった偽装会社を使ってしまうと詐欺罪に問われてしまう可能性があります。

お金を借りるためにこのような罪に問われたら大変なことです。過去には実際に摘発された事件もあるので、絶対に利用しないようにしましょう。

無職で登録できる職場がないという方はキャッシングを利用することはできません。 ですが、しっかり働いている方でも職場への在籍確認でキャッシングの利用がバレてしまうのではないかと不安に思っている方もいるはず。

キャッシングの在籍確認は、個人名でかけてくれるので職場にばれてしまう心配は少ないです。 「佐藤ですが○○さんはいらっしゃいますか?」 というように電話をかけてくれます。

バレれるのが心配で偽装会社を使おうと思っていた方も、これならば安心して登録できるのではないでしょうか。

キャッシングの連続申し込みはNG!

消費者金融はたくさんあるので、A社の審査に落ちたらB社に申し込めば良いと考えている方も多いでしょう。ですが、様々な業者に連続して申し込んでしまうと、審査に落ちやすくなるという話を聞いたことはないでしょうか。

たくさん申し込んだ方が通ると思っていた方は注意が必要です。

そもそも、なぜ複数の業者に申し込みをしていると不利になってしまうのでしょうか。 これには、信用情報というものが関係しています。 信用情報等は、クレジットカードやキャッシング、ローンなどの利用情報をまとめたもののことです。

消費者金融では信用情報を共有しているため、ここに延滞などの情報が登録されてしまうと、他社へのイメージも悪くしてしまいます。ここで知っておきたいのが、たとえ審査に落ちてしまったとしても、申し込みをしただけで信用情報に記録が残るということ。

つまり、A社の審査に申し込みをしたものの落ちてしまったのでB社に申し込んだというケースでは、B社はこの人がA社の審査にも申し込んでいるという情報が筒抜け状態になっているわけです。この記録はずっと残るわけではなく、最長で6ヶ月ほど記録され、その後削除されます。

仮にB社の審査にも落ちてしまい、C社に申し込んだとなるとどうでしょうか。 C社にはこの人がすでに2社のキャッシングに申し込みをし、どちらも通らなかったという情報が伝わります。

これが、審査に不利に働いてしまうことがあると言われているので、連続申し込みはおすすめできません。しかし、一方で業者によっては連続申し込みに関する記録を確認していないという話もあります。

それほど気にする必要はないのかもしれませんが、あまりにも申し込み件数が多いと審査に影響してしまう可能性もあるため、1ヶ月の申し込み件数は多くとも3社までに押さえておきましょう。

特に、複数の業者に対して1~3日中に申し込みをすると警戒されることがあるので、仮に1ヶ月に3社以上に申し込みをする場合は何日かあけた方が良いです。

↑ PAGE TOP